無印良品 バイト 落ちた

無印良品のバイトに落ちた理由をおしえます @落ちる人の特徴とは?再チャレンジはできる?

無印良品のバイトってとても人気が高いので、かなりの倍率をくぐり抜けなければ採用されません。

 

実際に、無印の倍率の高さは5倍とも10倍とも言われています

 

もちろん、時期やタイミングによって倍率は変わってきますが、よっぽど無印に対して愛情を持って面接に臨まなければ、結構な確率で落ちてしまうのです。

 

面接に落ちてしまう理由として特に多いのが、シフト条件がお店側と折り合いがつかないことにあります。

 

例えば、無印の店側が土日や祝日にたくさん入ってくれるスタッフを希望しているのにもかかわらず、あなたが平日にしか入れないというのであれば、ほぼ間違いなく落ちてしまうでしょう。

 

というのも、無印良品は固定シフト制を導入しているので、バイトスタッフがどれだけシフトにスムーズに入れるかどうかというのは、合否についてかなり大きなウェイトを占めるのです。

 

それと、無印良品のバイトのに落ちてしまう人の特徴として、笑顔がないというのも挙げられます。

 

話し方がボソボソとしていたり、また見た目が派手すぎて無印のブランドイメージにそぐわないという人も落ちてしまうようです。

 

無印のバイトに落ちたというのはかなりショックを受けてしまいますが、だからといってあなた自身を否定しているわけではないので落ち込むことはないです。

 

単に、お店とのタイミングが合わなかっただけというように捉えて、前向きにほかのバイトを探すのも良いでしょう。

 

ちなみに、タイミング次第ですが、同じ無印でも別の店舗の面接受けてみると、意外と採用されるという話もあります。

 

どうしても無印が良いっていうのであれば、もう一度面接を受けてみるのもいいですね。

 

⇒ 無印良品のバイト求人をみてみる

 

⇒ もっと待遇のよいバイト求人をみてみる