スタバ バイト シフト

スタバのバイトのシフトはいつ決まるの?

スタバ(スターバックス)のバイトの勤務は、1週間ごとのシフトで決められます。

 

そのためスタバのバイトでは、毎週同じ曜日、決まった時間に出勤するというわけではありません。

 

通常シフトは、3週間前までに希望を出し、2週間前までには決められることになっています。

 

スタバのバイトのシフトは、短時間勤務であれば4〜5時間程度、長時間勤務であれば8時間程度の希望で出すことができます。

 

勤務日数は、週3日以上からとなっています。

 

自分のライフスタイルに合わせて無理なく働けるよう、勤務時間や日数などについては面接時にしっかりと相談しておくことが大切です。

 

学生の場合、テストがある時でも前もって申し出ておけば休みを取っておけるので安心です。

 

スタバでは、開店前のオープン勤務、閉店後のクローズ勤務があります。

 

オープン勤務とは、開店30分前の早朝に出勤し、オープンの準備をすることで、クローズ勤務は、閉店後30分〜1時間程度、清掃や片づけなどの作業を行います。

 

いずれも早朝や深夜といったバイトが入りにくい時間帯のため、時給が25%アップされます。

 

こういった時間帯に積極的にシフトに入ることで、より収入をアップさせることができます。

 

>>バイト募集の店舗を見てみる<<

 

 

スタバのバイトでは、覚えることの多さに面食らうスタッフも…

スタバのバイトでは覚えることが多くて大変といった口コミを見かけるかと思います。

 

確かにスタバのバイトをするうえで、コーヒー豆の特徴や知識、各種器具の特徴など、覚えることは多いです。

 

具体的に言えば、ビバレッジ(ドリンク全般のこと)に関してだけでも、レシピ、材料の仕込み方、カスタマイズのID(カップに書かれている英字)、カスタマイズのコーリング(レジからバーへ伝えている内容)などと、沢山覚えることがあります。

 

スタバのバイトの最初の1〜2か月間で行われる研修の間にすべて覚える必要があり、研修後にはテストがあります。

 

このテストに受からなければ、バリスタにはなれません。

 

さらにバリスタとなってからも、1〜2か月に1度、新製品のプロモーションが入るので、新たに販売されるビバレッジ、フード、コーヒー豆や各種器具について、その都度、新たに覚えていく必要があります。

 

また、スタバのバイトで覚えることはこれだけではありません。

 

それは、どのような接客をしたらいいサービスができるかといったことです。

 

スタバのバイトでは、接客の流れや接客のコツなどを、日々学びながら覚えていくことが最も重要となるのです。

 

>>バイト待遇のよい店舗を見てみる?<<