スタバ バイト 研修

スタバのバイトの研修内容は?期間は?

スタバ(スターバックス)のバイトに採用が決まるとすぐに店舗に立つわけではなく、まずは研修から始まります。

 

スタバでは、バイトも正社員同様の80時間、約2か月となる研修期間を設けています。

 

研修場所は、本社や各ブロックのオフィスで以前は行っていましたが、現在では各店舗内で行われています。

 

研修内容は、最初は、スタバの歴史やコーヒーの知識などを学ぶ座学系から始まり、その後は店舗に出ての実務研修となります。

 

座学系は、週2、3回のペースのバイトの場合、およそ1〜2週間程度で終わります。

 

とても丁寧に教えてもらえるので分かりやすいのですが、とにかく覚えること量がかなり多いので、予習復習は欠かせません。

 

それが終わると、次はいよいよ実践に入ります。

 

研修中は、必ずコーチと一緒になるようシフトが組まれます。

 

そこから約1か月程度、実際に店舗に立って、オーダー受けやレジの打ち方、接客仕方などを様々経験しながら学んでいくことになります。

 

研修後は、筆記と実技のテストがあります。

 

不合格となった場合には、再テストが行われます。

 

もちろん、スタバのバイトの研修中にも、交通費やバイト代の支給がありますので安心して下さい。

 

>>バイト募集の店舗を見てみる<<

 

 

 

スタバのバイトにはマニュアルがない?

驚くことに、スタバのバイトではマニュアルがありません。

 

よく大手飲食店などでは、挨拶の言葉などキチッと細かくマニュアルに沿ってサービスを展開しています。

 

しかし、スタバのバイトでは、そういった細かい取り決めがなされているマニュアルが存在しないのです。

 

もちろん、研修によってコーヒーの入れ方や接客サービスのマナーなどの最低限の基本教育はなされています。

 

ですが、その先のサービス精神は、自らが考え、自ら行動することで養っていくよう、スタバでは推し進めています

 

そのため、現在のスタバでは、マニュアルに縛られないサービス精神の向上が実現しているのです。

 

スタバを利用した際、行列ができた時、注文する前に席に案内してもらったり、寒い季節にひざ掛けを貸してもらったことはありませんか?

 

快適な空間が広がっているのは、こういった細やかなサービスが行われているからです。

 

こういった質の高いサービスは、マニュアルがないことで、バイト1人1人の自主性から生まれているのです。

 

よく、スタバのバイトが学生の勉強になるという口コミを聞きます。

 

これは、スタバのこういったサービス精神向上のための取り組みが、スキルアップに繋がるからです。

 

>>バイト待遇のよい店舗を見てみる?<<