スタバ バイト 掛け持ち

掛け持ちでスタバのバイトはできる?

スタバ(スターバックス)のバイトはダブルワーク可となっていますので、掛け持ちで行っている人も中にはいます。

 

本職の休みを利用してスタバのバイトを掛け持ちしている人もいれば、朝から夕方までは本職の業務をこなし、その後夕方からラストまでのシフトに入るといった人もいます。

 

ただその場合、シフトには、最低でも週3日以上、短期勤務で4時間程働く必要があります。

 

また、ラストまでのシフトに入った場合、クローズ作業を行うことになります。

 

クローズ作業は、次の日に心地よくオープンできるために入念に行われるため、1時間はかかるとされています。

 

そのため、帰りは深夜の時間帯になります。

 

そういったこともあり、スタバのバイトを掛け持ちするのであれば、体力と精神的スタミナに自信があることが必要となります。

 

また、本職の方でダブルワークが許されていることも大切な条件となります。

 

そして何より、無理をせず、本職にもスタバのバイトにも影響が出ないようにするのも大切なことです。

 

スタバのバイトを掛け持ちするということは、体力的にも精神的にもかなり疲れます。

 

しかし、それ以上にやりがいを感じることができる仕事のため、頑張ることができるという人も少なくありません。

 

>>バイト募集の店舗を見てみる<<

 

 

スタバのバイトの男女比はどうなってるの?

通常のカフェなどでは、比較的女性の割合が多い傾向があります。

 

中でも、スタバのバイトは特に女性の割合が多いとされており、男女比が男性3に対して女性が7となっています。

 

実際にスタバの店舗へ行くと、女性を見かけることが多いのではないでしょうか。

 

店舗によっては男女比が女性9割を占めるところもあるようです。

 

スタバは、オシャレで爽やかなイメージがあるため、女性が働きたいと思うバイトとして人気があるからです。

 

また、スタバのバイトの面接では、明るく笑顔が素敵で、人が接しやすいような柔らかい雰囲気を持っていることが重要視されます。

 

そのため、学生や若い年代フリーターの女性が採用されやすい傾向にあります。

 

ただ、男女比において女性の割合が多いことから、男性にはあまり向いていないと思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

スタバのバイトには、食器やトレイの片づけ、ゴミの回収といった力仕事も結構あるため、男性のスタッフの存在も必要とされています。

 

また、深夜の時間帯となるクローズ勤務に男性スタッフがいることで、かなり安心感が違ってきます。

 

年齢層からみると、10代20代の割合が多くなっています。

 

ですが、30代40代の子持ちの主婦の方も頑張っている人が多いですし、中には50代の人もいます。

 

スタバのバイトは、男性でも女性でも、その年代にしかできない接客力を強みに働くことができる仕事なのです。

 

>>バイト待遇のよい店舗を見てみる?<<