スタバ バイト 辛い

スタバのバイトで辛いのは?

スタバ(スターバックス)のバイトでは、特に研修期間に辛いと思うといった口コミが多くみられます。

 

スタバのバイトの研修では、スタバの歴史やコーヒーの知識に関することから接客に至るまで、幅広い多くのことを覚える必要があります。

 

80時間というしっかりとした研修期間が設けられており、かなり濃い内容となっています。

 

研修時間内だけでは覚えきれないほどの内容となっているため、それまでは辛いと感じることが多いです。

 

そのため、予習復習は欠かせませんし、自らの学ぶ姿勢が重要となってきます。

 

実際に、厳しい研修に耐えきれず、辞める人も少なからずいるようです。

 

しかし、ほとんどのスタバのバイト希望者は、スタバ愛とやる気でこの大変さを乗り越えて、バリスタとして生き生きと働いています。

 

大変さを乗り越えていったからこそ得られる、やりがいを手にすることができているのです。

 

確かに、覚えるまでは辛いこともあるかと思いますが、それを乗り越えれば、やりがいを持って働けるバイトであることは間違いありません。

 

>>バイト募集の店舗を見てみる<<

 

 

スタバのバイトは楽しい?

スタバのバイトの口コミで辛いといった意見もありますが、それ以上に楽しいといった意見が多いのも事実です。

 

その中には、「接客をしていて、お客さまの笑顔を見た時に楽しいと感じた」といったものが多いです。

 

究極のホスピタリティを目指しているスタバで働いているスタッフにとって、客の笑顔は何物にも代えがたいものだからです。

 

また、スタバでのバイトが楽しい経験として残っていたため、出産や育児のために1度離職した女性が、再び復帰したという話もあるそうです。

 

スタバのバイトでは、大変な中にも、楽しいと思える職場環境が十分に整っているということでしょう。

 

何より、スバタの離職率は低いということからも、楽しい職場環境であるということがはっきりと証明されています。

 

客へのサービスをより向上しようと常に努めているスタバ全体のその姿勢が、スタッフ同士の関係の良好さに繋がっているようです。

 

スタバのバイトは、大変なことももちろんありますが、それを上回るやりがいと楽しさが得られる仕事なのです。

 

>>バイト待遇のよい店舗を見てみる?<<